AWATSUJI design

粟辻博 Hiroshi Awatsuji

粟辻博 Hiroshi Awatsuji

日本のテキスタイルが紋様や意匠という発想に絞られていた時代の中、
大胆な柄や色彩の作品を次々に発表し、日本のテキスタイルデザインを
世界的な水準に押し上げる上で大きな役割を果たしました。
また自らのデザインを表層のデザイン=サーフェスデザインと捉え、
テキスタイルデザインにとどまらず、食器や家具、空間に対しても
独創的なデザイン感覚を発揮しました。

フジエテキスタイル 粟辻博紹介ページ

粟辻博 Hiroshi Awatsuji
粟辻博 Hiroshi Awatsuji
粟辻博 Hiroshi Awatsuji
粟辻博 Hiroshi Awatsuji
粟辻博 Hiroshi Awatsuji
粟辻博 Hiroshi Awatsuji
粟辻博 Hiroshi Awatsuji
粟辻博 Hiroshi Awatsuji
粟辻博 Hiroshi Awatsuji
粟辻博 Hiroshi Awatsuji
粟辻博 Hiroshi Awatsuji
粟辻博 Hiroshi Awatsuji
粟辻博 Hiroshi Awatsuji
粟辻博 Hiroshi Awatsuji
粟辻博 Hiroshi Awatsuji
粟辻博 Hiroshi Awatsuji

Photograph:Mitsumasa Fujitsuka

粟辻 博 略歴

1929年 0才 京都市西陣に生まれる。
1946年 17才 京都市立美術専門学校(現・京都市立芸術大学)図案科に入学する。
同期に田中一光、緒方規矩子ら。
1950年 20才 京都市立美術専門学校を卒業する。
鐘淵紡績(カネボウ)意匠課に入社。53年までテキスタイルデザインを担当する。
1953年 24才 鐘淵紡績を退職し、東京都に移住する。
1954年 25才 第39回二科展に初入選、《港と女》を出品する。
1958年 29才 フリーとなり、デザインスタジオを設立する。
1960年 31才 テキスタイルの自主生産を開始し、松屋グッドデザインコーナーにおいて販売する。
1963年 34才 最初の個展「粟辻博=オリジナル〈カーテン〉」展を東京の丸善画廊で開催。
この年富士栄良治氏と出会い、(株)フジエテキスタイルのデザインを担当する。
1968年 39才 プライベート・ショールームをデザイン室に開設する。
「エウロ・ドムス」展(トリノ)に出品する。
日本デザインコミッティーのメンバーになる。
1969年 40才 個展「テキスタイルプリント展」を東京の銀座松屋デザインギャラリーで開く。
個展「テキスタイルスカルプチャー展」を大阪の今橋画廊で開く。
1970年 41才 日本万国博覧会において、政府館のカーペット・デザイン、OECD館のカーテン・デザインを担当する。
1972年 42才 第17回毎日産業デザイン賞準賞を受賞する。
新宿京王プラザホテルのエントランスロビー、レストランのタピストリーなどをデザインする。
銀座東急ホテルのカクテルラウンジのタピストリーをデザインする。
東京、プラザ・ディックにて最初の「粟辻博 + フジエテキスタイル」展を開く。
以降、1985年まで数回に渡り定期的に開催し、作品を発表する。
1972年 43才 日本インテリアデザイナー協会協会賞を受賞する。
琉球東急ホテルのラウンジのタピストリー、ゲストルームのカーテンとベッドカバーをデザインする。
1973年 44才 表参道にフジエテキスタイルの新しいショップ「ハートアート」がオープンする。
1974年 45才 ナショナル・コントラクト・プロダクト・コンペティション(アメリカ)で第一席を受賞する。
1975年 46才 沖縄海洋博覧会におけるアクアポリス内のタピストリーデザインを担当する。
1976年 47才 個展「ワンデイ・ワンショー」(東京デザイナーズスペース)
1978年 49才 「粟辻博の世界 プリント・テキスタイル」展(H.B.C.ギャラリー、札幌)
第3回テキスタイル・トリエンナーレ展 (ウッジ、ポーランド)にて「タナバタ」が銀賞を受賞。
NHKテレビ文化シリーズ「現代の美をつくる - 色彩でつくるインテリア 粟辻博」に出演する。
1979年 50才 「粟辻博テキスタイルデザイン展」(東京デザイナーズスペースオープンギャラリー、東京)
アスペン国際デザイン会議のためにバナーをデザインする。
1980年 51才 「粟辻博 プリント・ワーク展」
「ジャパンスタイル」展(ヴィクトリア&アルバート美術館、ロンドン)に出品する。
「ファイバーアート」展(メトロポリタン美術館、マニラ)に出品する。
1982年 53才 IBM(川崎)の食堂のタピストリーをデザインする。
吉祥寺東急インの宴会場のカーペットデザイン、ロビーのタピストリーとカーペットデザインを手がける。
1983年 54才 「1945年以後のデザイン」展(フィラデルフィア美術館)に「ジテンシャ」他を出品する。
1984年 55才 「ハイム・テキスタイル」(メッセゲレンデ、フランクフルト)に〜89年まで毎年参加する。
大正海上本社ビル(東京)のレセプションホールのタピストリーをデザインする。
「日本のデザイン - 伝統と現代」(ソビエト連邦美術家同盟中央会館、モスクワ)に出品する。
「ロッジ三井の森」(蓼科高原)のロビーのタピストリーをデザインする。
「80年代のテキスタイル」展(ロードアイランドデザインスクール美術館、ニューヨーク)に出品する。
1985年 56才 府中市民保養所やちほ(八千穂村、長野)のタピストリーをデザインする。
私学会館(東京)ロビーのタピストリーをデザインする。
多摩美術大学の特別講師に就任する。
1986年 57才 高松市綜合体育館の緞帳をデザインする。
1987年 58才 広島ターミナルホテルのロビーのタピストリーをデザインする。
積水化学工業筑波研究所ロビーのタピストリーをデザインする。
1988年 59才 住友海上本社ビル(東京)食堂壁面をデザインする。
個展「粟辻博のテキスタイル 自立した表層」(ギャラリー・間、東京)
原宿のアトリエにデザインハウス・アワを開き、テキスタイルと皿などを発表する。
多摩美術大学教授に就任する。
1989年 60才 東陶機器(TOTO)の内装用タイルをデザインする。
シュトゥットガルトデザインセンター、89年度ベストセレクションに選定される。
国立装飾美術館(ミュンヘン、ドイツ)が作品をコレクションに加える。
個展「粟辻博 サーフェスデザイン展」(有楽町西武、東京)
1990年 61才 『粟辻博のテキスタイルデザイン』(講談社)を刊行する。構成は田中一光、写真は藤塚光政。
ヴァージニア美術館(アメリカ)が作品をコレクションに加える。
1991年 62才 クーパー・ヒューイット美術館(アメリカ)が作品をコレクションに加える。
ARCO TOWER(東京)のタピストリーをデザインする。
目黒雅叙園のサーフェスデザインを担当する。
1992年 63才 「IDアニューアルデザインレビュー」のサーフェス部門で金賞を受賞。
国際テキスタイルコンペティションで佳作賞を受賞する。
1993年 64才 モントリオール装飾美術館(カナダ)が作品をコレクションに加える。
1994年 65才 すみだトリフォニーホールの壁画制作を始める。
多摩美術大学染織デザイン科科長に就任する。
1995年 66才 資生堂デザインフォーラムで最後の講演を行う。
第22回国井喜太郎産業工芸賞を受賞する。
肝不全のため死去する。

没後の記録

1996年 **** フィラデルフィア美術館(アメリカ)が作品をコレクションに加える。
「粟辻博のテキスタイル」展(松屋銀座デザインギャラリー1953)
1997年   すみだトリフォニーホールの壁画2点が完成する。
2000年   「粟辻博展 - 色彩と空間のテキスタイル」が京都国立近代美術館、目黒区美術館で開催される。
2012年   「粟辻博のテキスタイルデザイン」展(オリエンタルデザインギャラリー、広島)
2021年   「粟辻博のテキスタイル」展(松屋銀座デザインギャラリー1953)